fc2ブログ

回復の兆し

昨年末から実際には7月前後から、弊社の百貨店での売り上げの回復の兆しが見えてきた。

私は毎日の売り上げの推移に一喜一憂するのはいかがなものかと思いながら生活している。正直なところ、常に変化する世の中の色々な事柄で売り上げが左右し、原材料や色々な経費の上昇で利益が左右する。とくに最近の情報過多時代には何がどうなっているのかわからない。

昨年、新型コロナが5類に移行して以降、確かに売り上げは回復の兆しを見せているが、いい日と悪い日の差が大きく、なかなか喜べない日が多かった。たまに売り上げが多い日があっても、弊社の仲間と一緒に喜ぶ気にはなれなかった。だがここに来て、年末31日の売り上げで各店売り上げの新記録を更新する店舗が出てきて、少し変化が出てきたのかなあと思うようになってきた。月間や年間で新記録が出てくるようになれば、本格的に回復してきたのだろうと確信が持てるようになるのだろう。今年初売りの売り上げを見てよくなる可能性が出てきた。ありがたい。

会社のスタッフ全員がどれほど努力しても、悲しいことだが私が思っているところの結果が出なかったが、そろそろ結果が伴う環境がそろってきたのかもしれない。会社のみんなで喜びを分かち合える日が来ることを期待したい。

回復の兆しに感謝。
会社のみんなに感謝。

追伸
去年、私の「ひとりごと」のなかで、自分の感情や行動はコントロールできるが、結果はコントロールできない。誰もがそのことはわかっているが、どうしても結果を求めて生活してしまうと書いたことがあった。そして私は常に自分の行動を楽しみたいと書いたことがあった。今そのことを考えながら色々な思いをめぐらしている。感謝の習慣を実行するには毎日すべての局面を喜び感謝することが一番大切だとすると、結果に一喜一憂するのではなく、毎日常に会社の全員に感謝することから会社経営は始まるのだろう。喜べなかった自分の誤った考えを改めたい。
感謝の習慣に感謝。
すべてに感謝。
スポンサーサイト



土用の丑

天神祭もおわり、7月27日は土用の丑でウナギ。
したがって百貨店では鰻巻きがよく売れ、玉子料理の店双樹はとても忙しい。
1年で一番忙しい1日である。紋日があるのはありがたい。

4月末からのゴールデンウイークが終わって暇になり、
6月末大阪サミットも含め、なかなか売上が上がらず困っていた。
消費者も普段のリズムの生活を取り戻し、売上が少し落ち着いてきた。
これからお盆に向け消費が回復してほしいものだ。

普段のリズムに感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹
オンラインショップ うどん双樹

西宮 〜時の流れ、私の変化〜

いよいよ4月17日から西宮の阪急百貨店に「玉子料理の店 双樹」が開店する。
私としては、昨年まではこれ以上お店を出すことに消極的だった。
だが、私の知らないうちに周りの環境が大きく変化していることに気がつき、考えを変えた。

一番の原因は、前の勤め先がこの3月末にまた他社に売却され、違う資本が入ったことだった。
自然の世界と同じ。弱肉強食である。時は流れている。刻々と時は流れ、周りは変化している。

それであれば私も変化し、その流れに沿わなければ生き残っていけない。
ましてや、うどん双樹・すべらんうどん、玉子料理の店 双樹はもう私の手から離れ、ひとつの個性を持った存在になっている。そして私はその組織の中の一人にすぎない。たくさんの人が関わりだし、たくさんの人の生活がかかってき出したこの法人が生き残り、続くようにしていくことが大切。
自然の流れに沿って運営していきたいものだ。

新店の開店に感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹
オンラインショップ うどん双樹

川西阪急で玉子料理の新店舗

いよいよ3月。
阪急川西店で玉子料理 双樹が14日から開店する。
阪急で5店舗と言うことになる。知らぬ間に増えたと言う感じ。

これからどんな展開になるのかはわからないが、突き進むしかない。
いや突き進まなければならない。
生き残るためには何が何でも前向きにやらなければならない。

生き残りたいと言う欲望に感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹
オンラインショップ うどん双樹

だし巻きサンド

今年に入って3週間が過ぎた。
そんな中、だし巻きサンドが阪急梅田店でよく売れている。
ありがたい。

今まででもよく売れていたが、
先日あるテレビ番組の中で紹介されてから益々売れ出した。
私としては、阪急宝塚店や阪急千里店や阪急都筑店でも
このだし巻きサンドが売れるようになってくれるとありがたいなあと思っているが、
まだまだ知名度が低いので、知名度が上がってくれたらなあと思っている。

ただ当社スタッフ全員が、お客様に安全で安心な「だし巻きサンド」ほか当社製品、サービスを提供することがそのことにつながると信じている。
また、そうでなければならないと思っている。

お客様に感謝。
すべてに感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹
オンラインショップ うどん双樹

千里阪急にお店

10月が終わり、11月になった。
少し肌寒くやっと冬が来たと言う感じ。
そして双樹に関して、11月16日から千里阪急内に
「玉子料理のお店 双樹」をやらせていただくことになった。
どうなることか。
願わくば皆様にかわいがっていただけるお店になってほしい。

電車道みたいに何かしら線路がひかれた道をただひたすら走る感じがするこの頃だが、
私には何がどうなっているのかさっぱりわからない。
ただひたすら目の前のことをこなしている。
周りの人たちがお膳立てしてくださったことにのっているだけである。
周りの人に感謝。


うどん双樹「天満天神すべらんうどん」「玉子料理の店 双樹」
http://www.udon-soujyu.co.jp/

土用の丑

今日は土用の丑でウナギがよく売れる。
そのおかげで、う巻きがよく売れる。
ありがたい。

玉子料理「双樹」にとって1年で一番売り上げがいい日である。
出し巻きサンドが始まり、これからどうなるのかはわからないが、
1年で一番売り上げがあがる土用の丑の日を大切にしたい。

土用の丑の日に感謝。


うどん双樹「天満天神すべらんうどん」「玉子料理の店 双樹」
http://www.udon-soujyu.co.jp/

だし巻きサンド

先月29日から発売した阪急梅田店の
「だし巻きサンド」が人気になりつつある。
ありがたい。

これからどんな展開になるのかわからないが、
看板商品に育つのを見守りたい。

だし巻きサンドに感謝。


うどん双樹「天満天神すべらんうどん」「玉子料理の店 双樹」
http://www.udon-soujyu.co.jp/

7月

6月29日より本格的に「出し巻きサンド」が始まり、
梅田阪急の双樹は新たなステージに立った。
私もそろそろ新生活に慣れ、生活のリズムができてきた。

今度は何をするか。
梅田の双樹のスタッフに負けずに何かに挑戦したい。
とりあえずは上手な時間の使い方をしたいが、
何せやることが多く、いや、やらなければならないことが多く、
仕事にまで手が届かない。
そこは創造力を駆使し、何とか切り抜けたい。
梅田のスタッフに負けない頑張る力を身に着けたい。
周りの頑張るお手本に感謝。


うどん双樹「天満天神すべらんうどん」「玉子料理の店 双樹」
http://www.udon-soujyu.co.jp/

だし巻きサンド・近の鶏卵(きんのけいらん)

6月もあーっと言う間に後半。
すべらんうどん屋はシーズンオフで暇だが、
阪急梅田店の双樹は6月29日から「だし巻きサンド」がスタート。
また、近畿大学薬学部が考案した「近の鶏卵」を使用した だし巻きを製造販売する。

「近の鶏卵」は、特殊な水をニワトリに飲ませて、
コレステロールが極めて低く、味もあっさりしておいしい健康玉子である。
ただ価格が高いのでどうなるか。
阪急さんの指導のもとにやらせていただく事業である。
うまく行ってほしいと祈るばかりである。

阪急さんに感謝。近畿大学さんに感謝。
関わってくださるすべての人に感謝。


うどん双樹「天満天神すべらんうどん」「玉子料理の店 双樹」
http://www.udon-soujyu.co.jp/
プロフィール

岡 道信

Author:岡 道信
うどん双樹株式会社・代表

◎天満天神すべらんうどん
大阪天満宮 / 星合茶屋
〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目5−6

◎玉子料理の店 双樹
阪急うめだ本店・神戸阪急・西宮阪急・宝塚阪急・川西阪急・千里阪急・都筑阪急

◎さば寿司専門店 鯖幸
阪急うめだ本店

お問い合わせ
0120-533-539

リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
137位
アクセスランキングを見る>>
カウンター