fc2ブログ

4度目のワクチン

先週4度目のコロナワクチンを打った。
打った夜から熱が出て3日ほどしんどくて、一日一回の食事をするのが精一杯だった。情けなかった。どこが悪くてもダメ。健康が一番と思った。

普段の健康に感謝。
スポンサーサイト



ワクチン

8月28日、私もやっと1回目のワクチンを打った。

家から会場の往復で25分。打つのは5秒。それまでの手続きと移動が25分、ワクチン後の待機が15分。移動が10分、会場内で約1時間、あっという間に終わった。よかった。正直なところもっと手間取ると思っていた。

気持ちがほっとしたところで、7月8月と色々なことで大変だったが、もう一人の自分に「何度同じ失敗を繰り返せば、お前は気が済むのだ」と問い合わせ、「いいかげんなにかに気がつき、工夫努力せよ」ともうひとりの自分に言い放って、自分の気をおさめた。明日からはまた新たな自分探しの心の旅に出たい。ワクチンが気分転換になった。

段取りがよかったワクチン会場に感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

見つけた

8月20日を過ぎた。
そしてコロナ感染が拡大している。感染の拡大が止まらない。ワクチン接種が追いつかない。世間ではどうなるのだろうと不安が募る。

最近、私も静かに考えることが多くなった。
今まではコロナがおさまれば、またある程度もとの社会に戻ると思っていた。もちろん多少は生活の習慣が変化し社会は変わるとは思っていたが、私自身、今の商売・仕事を見直す時期に入ったと思うようになってきた。今のところ仕事はうまく行っている方ではあるが、百貨店でのクラスター発生やそれに伴う臨時休業など、この40年経験したことのない商業地での変化を目の前に、考えを改めることにした。世の中のルールや物差しが完全に変わった。これをピンチと考えるのかチャンスと考えるのか人それぞれだが、この数か月、私は何かを「見つけた」と思い、それを確かめるためにそれを見るために静かに考えることが多い。

日本では地震や台風大雨などの自然災害が多発しているが、その自然災害が起きるたびに、公共交通機関が停止しそれに伴い大規模商業施設が休業する。それは仕方ないにしても、今回のような見えない敵にどのようにサービス業は対処するべきなのだろうか…。これからの社会は間違いなく見えない敵とのイタチごっこになる。すでにネット犯罪がそれである。自然災害もそれである。今度はコロナなどの感染症。普段から見えていない私にとっては、それを肌で感じる。一寸先は闇。

その一瞬その一瞬の幸せに感謝。

追伸
人間・ホモサピエンスは大規模な社会を作ることで情報を広げ、その情報を共有することで子孫を増やし生き延びてきた。単純に人が集まることが社会の繁栄をもたらした。そのようにNHKで放映していたのを見たことがある。それが他の類人猿との違いらしい。ホモサピエンスは何千人何万人もの社会を作れたことが繁栄につながったらしい。それがコロナの感染で、集まることがダメと言うのだから繁栄を否定することにつながるのではなかろうか。困った問題だ。ネットでつながるだけでいいのだろうか。考えさせられる。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

酒場

8月7日土曜日、3週間ぶりに飲み屋に行った。

大阪は8月1日から緊急事態宣言で、お酒を提供するお店の大半は休業している。私は友人と二人で私の家で飲むつもりだった。この3か月はほとんどそうしている。だが営業しているお店を友人が知っていて、そこへ行くことにした。少しためらいはあったが行った。お店はチェーン店でしっかり空間はとってあった。私たちは二人で行ったが、ほかのお客さんはたぶん3、4人のグループで3、4組ぐらいだったと思う。私がお店に入ったのは開店の午後5時、お店を出たのは午後7時半。ためらいはあったが、いい社会勉強になった。

このお店がもし休業していたら、1か月どれだけの負担があるのだろうと考えるとぞっとする。しかもそれが複数店になればどうなるのだろう。休業することで支援金や休業補償金で逆に利益が出ている小さなお店もあると聞くが、深く考えさせられる。緊急事態宣言下で国の意向に逆らってお酒を提供することがいい悪いはともかく、給料を支払い経営を続けて行くことは経営者の使命であることは間違いない。ロックダウンが法制化されれば都市は失業者であふれ、犯罪が増え、国の財政はもっと悪化し、穏やかな日本がなくなってしまうだろう。少し後ろめたい気はしたが飲みに行ってよかったと思った。緊急事態宣言下で、もう酒場に行くことはないだろう。

いい経験に感謝。
少し後ろめたい気持ちに感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

5月

5月に入った。緊急事態宣言で繁華街はひっそり。

これからどうなるのだろうと思うが、どうにもならない。だれもわからない。ワクチンが国民すべてに行き渡ったらコロナは本当におさまるのだろうか。新たに違う問題が起きるのではなかろうか。それほど今、人間社会いや地球が変わりだしているのではなかろうか。

混沌とした時代に幸せを探すことに感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

緊急事態宣言

4月25日から、東京、大阪、京都、兵庫などに緊急事態宣言が発令された。
これからどうなるのだろうかという不安が国民に広がる。
またかというあきらめや、あきれた言葉が周りに広がる。

だが、私はいつもこんな時思うことがある。
私は30年前ぐらいからすでに一寸先が闇の世界を生活の舞台にしてきた。目の前で起きていることが明確にはわからない。将来に対する不安が毎日いや四六時中私の頭と心を襲った。そこで知らず知らずの間に考え方が変わっていった。何かの本、色々な本で読んだのだろう、いや母に読んでもらったのだろう。そしてその中に、自分に都合のいい言葉を見つけたのだろう。「手段や方法にこだわるな。ただひたすら期待せよ。そうすればあなたに驚くべき奇跡が起きることでしょう。思い通りにならないときに起こす行動が将来の自分を決める。ものごとを前向きに受け入れ、余分な力を入れない。」---そのような言葉を、ピンチのたびに繰り返し声を出して言い続ける習慣が身についた。他力本願でもなく、自力本願でもなく、自然に生きていきたい。

「思い通りにならないときに起こす行動が将来の自分を決める。」に感謝。

さて皆様は今どんな行動を起こしますか。何かに気づき、奇跡を生み出すアイデアを味方に、ピンチでチャンスをつかみ、幸せを感じながら暮らしましょう。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

不思議

4月も半ばを過ぎ、ゴールデンウイークが近づいた。
だがコロナ感染が拡大し、それどころではない。

そこで大阪天満宮様のすべらんうどん屋は、4月20日からコロナが落ち着くまで休業することにさせてもらった。まだいつまで休業させていただくかは決めていない。ただびっくりしたことに、去年も偶然4月20日からしばらく休業させていただいた。私はそんなことはすっかり忘れていたが、店のスタッフから言われてそのことがわかった。偶然…。不思議…。自然の営みは本当に不思議。これからどうなるのだろうとは思うが、自然の成り行きに任せたい。

自然の不思議に気がついたことに感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

本質

4月に入ってコロナが広がり、政府や全国の知事たちはコロナ対策で大変である。

だが、どうだろう。冷静に考えてみると、コロナが発生した時点でワクチンや治療薬治療方法ができるまでは感染を抑えることができないことは、コロナの感染状況や感染者の病状を見ていてわかっていたことである。特に日本では、ワクチンや治療薬の開発や認可が欧米に比べて遅れていることはわかっていた。したがって色々な感染対策が確立しても、広がることはわかっていた。その本質を見抜いている人たちはコロナの先を見据えて行動をしている。また本質を見抜いている人はコロナの感染が広がっている間の対策を、コロナが広がり始めた時点ですでに考え行動を起こしている。

私はいつもこの「ひとりごと」の中で、仕事のことや身の回りのことはあまり書かず、私自身の内面しか書かないが、前にも言ったように内面がすべてを支配していると信じているからである。コロナを上手に利用してうまく行っている人は、コロナの本質を見抜いている人。内面が整い、内面がはっきりしているひとである。内面が自分の行動を制御し、行動が結果を制御する。最近になって実感している。女性がどれほど化粧し着飾り、いいバッグやいいアクセサリーを身に着けても、普段からの言葉遣いや態度など内面から湧き出てくる本当の美しさに勝るものはない。もちろん男性も同じだ。内面の大切さに勝るものはない。内面を鍛え本質を見抜き行動したいものだ。

整った内面に感謝。

追伸
どんな時でも幸せを感じられる人は幸せ。どんな時でも幸せが感じられない人はどれだけ豊かでもどれだけ健康でもどれだけ恵まれていても、幸せを感じられない。あなたはどちらを選択しますか。私はもちろんいつでも幸せを感じながら生活したい人です。感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

3月

3月に入った。

首都圏の緊急事態宣言は3月7日の解除が延期され、飲食関係の業者にとってはとても厳しい結果となった。議員や公務員の給料は減ることがないが、事業主にとっては緊急事態宣言は死活問題になる。したがって言葉にならない。できれば春とともにコロナがおさまってほしい。ただただ、それを願うばかりである。楽しい話題、明るい話題で日々の生活を埋め尽くしてほしい。

そんな中、最近ワクチン以外でもコロナ感染を防ぐ色々な工夫が広まっている。1年前とは明らかに違う。人間の環境に対応する能力のすごさである。次から次へと治療法や感染対策、新たな商売、新たな事業が次から次へと生まれる。

人間の無限の可能性に感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹

ワクチン

2月もあと1週間。

そんな中、コロナワクチンの接種が日本でも始まった。
まずは医療関係者から。さて国民全員に接種が終わるのはいつのころだろうか。だがそんなことを言っている間は、何もできないし進まない。コロナに振り回されている間は、終わらないし始まらない。未来を見つめて行動したいものだ。ワクチンの接種が始まったのだから、コロナは終息に近づいていることは間違いない。

ワクチンに感謝。


うどん双樹 / 天満天神すべらんうどん・玉子料理の店 双樹・さば寿司専門店 鯖幸
オンラインショップ うどん双樹
プロフィール

岡 道信

Author:岡 道信
うどん双樹株式会社・代表

◎天満天神すべらんうどん
大阪天満宮 / 星合茶屋
〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目5−6

◎玉子料理の店 双樹
阪急うめだ本店・神戸阪急・西宮阪急・宝塚阪急・川西阪急・千里阪急・都筑阪急

◎さば寿司専門店 鯖幸
阪急うめだ本店

お問い合わせ
0120-533-539

リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
137位
アクセスランキングを見る>>
カウンター